「ほっ」と。キャンペーン

レイキ

こんばんわ、今日は先日のパーマカルチャーの実習コースでの
出来事を紹介します。

今回は欠席の方がいたりしていつもと違った構成で集合して車に分乗して
丹波に向かったのですが、私は三宮からAくんの車に乗せていただきました。
その中で同乗されたKさんと隣り合わせになり、ある質問を受けました。
最近、健康診断で再検査となり腸がよくないと言われたそうです。
しかし特に薬もなくそのまま様子を見ているそうなんですが心配されて
私にお話されたのです。
その方の外見から見て陰性の原因であると察した私は丹波に着いてから
授業中に隣に座って彼女にレイキをしてみたのです。
陰性の原因の場合は身体の左側に症状がでるのでまずは左のお腹を
レイキしてみました。案の定動きが停滞してとても冷たい感じが受け取れました。
私はレイキをしていると詳しくはわかりませんが問題のある場所にくると
身体からの反応が他と違っているのでよくわかるのです。
そして右側も全部触ってみてから彼女に「下降結腸から下のほうが悪くないですか?」って
訪ねたら、「そうなのS字結腸に憩室ができてるの」って言ってました。
そしてしばらくレイキをしていたらお腹がクルクル言い出して動き出した感じでした。
時間の関係であまりできなかったのですが、彼女はお腹がすっきりしたように
感じてくれたようです。

マクロとレイキをほぼ同時に始めたのでちょうど身体の状態を知るのに
わかり易くて便利です。
レイキをする人みんなが感じることではなく私がなぜかそう感じるのです。
そして他の人よりも手が温かく感じられるようです。
自分にも有効なのでこれからも続けていこうと思っています。
マクロとレイキのコラボでもっとヒーリングに使えたらと思います。
[PR]
by takayo5s | 2008-09-20 21:57 | 出来事
9月のパーカル >>